偽りのフィアンセDVDレンタル開始日や発売日や動画配信が決定

運命的な愛とすさまじい怒りによって、抜け出せない罠に陥った4人の男女の壮絶な愛を描くリアリティ溢れるドロドロな韓流ドラマ「偽りのフィアンセ(原題:運命と怒り)」dvdレンタル・発売日・動画配信・あらすじ・キャスト・相関図・OST・作品情報などを調べることができます。

サイト内情報確認日2019年10月
配信作品は毎月変動があります。最新情報は各公式サイトで確認

 

動画配信で視聴

フル動画を無料視聴できるか調べています。
見放題にチェックが入っていると無料期間内は視聴できます。

※U-NEXT独占配信

 動画見放題無料期間
TSUTAYA  30日
U-NEXT11月2日 31日
Hulu 14日
dTV 31日
FOD 1ヶ月
mieru-TV初月
DMM

 

DVDレンタル

dvdレンタルが実施されているか調べています。

 宅配・レンタル
TSUTAYA  11月2日
GEO 11月2日
DMM 11月2日

 

DVDレンタルリリース日程

Vol.1~5 2019年11月2日(土)
Vol.6~10 2019年12月3日(火)
Vol.11~15 2020年1月7日(火)
Vol.16~20 2020年2月4日(火)

 

DVD発売日

●DVD-SET1:2019年11月2日(土)リリース

●DVD-SET2:2019年12月3日(火)リリース

 

↓DVDの最新価格は下記から調べられます↓

「偽りのフィアンセ」ドラマ情報

運命を変える為1人の男を愛する女と、運命だと思いその女を愛する男、目的の為に男を手に入れようとする女と、復讐心に満ちその女を取り戻そうとする男。

4人の男女のすれ違う愛と怒りを描いたかなりリアルな激情メロドラマだそうです。

 

あらすじ

イタリアへ靴作りの留学をしたヘラ(イ・ミンジョン)は、父を亡くした上に自殺未遂で昏睡状態になった姉も抱え、借金を返すために父が残した靴工房で偽ブランド靴を売っていた。

一方、ゴールド製靴の社長インジュン(チュ・サンウク)は会社を建て直そうと頑張っていたが、ゴールドグループ会長の父からは大株主の不動産会社の娘でアナウンサーのスヒョン(ソ・イヒョン)と結婚するよう言われていた。

 

ある日、イタリア革製造会社の社長の通訳をしたヘラは、その会社との契約が必要なインジュンと運命的な出会いをする。お互いのことが気になる中、邪魔するようにヘラの前に現れるスヒョン

。またヘラの父が造った靴を履いて工房を訪ねて来たテオ(イ・ギウ)。4人の運命が交わり動き始める…。

 

企画意図/プロット企画意図

嘘で男の運命となった女と、運命だと思った女の嘘に憤る男。

男は自分を徹底的に利用した女をつぶそうとするが、女はよりによって背を向けようとする男から遅すぎた愛を自覚する。

すれ違った運命と怒り。すれ違った怒りと運命。

お互いを愛さなければ、復讐と断罪で終わっていたはずの2人の物語は、この愛がすれ違った瞬間から激しい悲劇となる。

 

嘘にまみれた愛が真実でありえるのか?

女は嘘で運命を作ってきたが、その嘘によって運命の主人公になれず、怒りの前に崩れる。

しかし、全ての愛は偉大だ。その人を愛し始めた時から、運命は始まるからだ。

結局愛は、嘘と運命と怒りと後悔の中でうごめき、欲しがる生き物だ。

故にすれ違った運命も愛であり、怒りのせいで踏み留まるしかなかったのも愛だ。

野望、運命、復讐、悲劇の旅路で交錯する軌跡を描いた激情メロドラマ、それがドラマ「運命と怒り」だ。

 

作品詳細

  • 原題:운명과 분노
  • 韓国放送期間:2018年12月1日〜2019年2月9日
  • 放送局:SBS
  • 最高視聴率:10.3%
  • 話数:全40話
  • 検索:運命と怒り

 

予告・動画

 

MV/OST/サウンドトラック

[MV]리사 – Fates&Furies(Korean Ver.) 운명과 분노 OST Part 1

 

이민정 – 월량대표아적심 Fates & Furies OST Part 2 / 운명과 분노 OST Part 2

 

Aalia (알리아) – 고민하지 말아요 Fates & Furies OST Part 3 / 운명과 분노 OST Part 3

 

윤학 (초신성) – 집착 Fates & Furies OST Part 4 / 운명과 분노 OST Part 4

 

정세훈 – Last Love Letter 운명과 분노 OST Part 5 / Fates & Furies OST Part 5

 

キャスト/出演者

テ・インジュン役
(男 36歳 ゴールドグループ次男。ゴールド製靴社長)チュ・サンウク

「初めから上にいたように奪ってやる。元々、俺のものだったんだから。」

画像:SBS 운명과 분노 公式サイトより

靴を始め、総合商社となったゴールドグループ。通称ゴールドグループ2番目。

ぴったり黄金比ボディのクールなスーツ男。ブランド品のグラビアのようなかっちりとしたスーツの下でうごめく野生の筋肉はサービスだ。

本妻より妾の息子が生まれるのを先に見た父テ会長のせいで、私生児ではないのに、私生児扱いされ、海外を転々とした。本妻である母は、やっとのことで息子インジュンを産んだが、病弱なせいでいつも後ろに追いやられ、インジュンが16歳の時に恨み積もった人生を終えた。

 

母の49日も終わらない内に、息子のジョンホを表舞台に立たせ、後妻の立場に割り込んできたソンスクに対し、生涯の憎しみがある。母が亡くなったのも全て、この母子のせいで精神を患ったからだ。

ソンスクにより早くから海外に追いやられ、誰にも咎められず、世話もしてもらえなかった10代、20代を過ごし、反抗して薬なり女なり、トラブルばかり起こすのが普通だが、インジュンは野心家だ。

素直に言うことを聞いているが、いつかは自分の取り分を全て残らず取り返そうと爪を隠しているところだ。威嚇してくる兄ジョンホと、沈黙でこれを傍観する父、巧妙に時に卑屈に前妻の子を突き放すソンスク、全ての者に復讐を夢見る。

 

経営不振に陥ったゴールド製靴を成功させる為、昼夜問わず仕事に没頭する。

株主たちに認められ、確実にグループを掌握しようという大きなビジョン。ジョンホが握っている伝統性、それを口実にぶち壊すには、ただ実力と力だけだ。

財閥2世が徹夜で仕事をし、鼻血までたらす一方で、力を得る為に大株主の娘、スヒョンとの政略結婚も辞さない。

それがインジュンだ。そして野望に向かって走っているところに、運命の顔をして人生に入って来たヘラのせいでその刃が鈍る。

 

 

ク・ヘラ役
(女 34歳 クさんの工房→ゴールド製靴デザイン室 室長)イ・ミンジョン

「絶対崩れない存在になること。それが金だろうと実力だろうと。」

画像:SBS 운명과 분노 公式サイトより

神様にランダムで選ばれ、半分だけ成功したケース。輝くルックス、頭脳明晰、大きな野望を与えられた。

投げられたと言っても小川でもないどぶに放り投げられたという訳だ。

イタリアに靴留学中の姉の自殺未遂。父の死亡に続く不幸の中、全てを失い、奈落まで落ちる。

 

返せば返すほど、どこからかどんどんふくらむ借金と、昏睡状態の姉。これは生きているんじゃない。

つまらない生き方はしたくなかったけど、これはつまらないどころか、死んだのと変わらない。いや、死んだのよりもっとひどい。追い詰められた気持ちで暮らしている時、

テ・インジュンに出会い、意図的に接近しているのを隠し、全てを賭けて運命を切り開く。

 

 

チャ・スヒョン役
(女 35歳 生まれつきの金持ち アナウンサー )ソ・イヒョン

「全てある。愛だけを除いて。愛は何も持っていない人のための慰めに過ぎない。」

画像:SBS 운명과 분노 公式サイトより

裕福な家に生まれたアナウンサー。

不動産財閥である父に劣らず、現金持ちの母の間に生まれ、怖いものなし。

アナウンサーとなり、裕福な家柄に加え、ダイヤのように輝く経歴で仕上げかと思いきや、

そこが欲の終わりではないのがチャ・スヒョンだ。

 

本当の財閥の嫁になりたかった。

ところが、現実は成金の娘。どんなに金がたくさんあっても、そのお金の色まで分けられる本戦には欠格だった。

幾度となく挑戦した末、絶対開かないドアだということを悟り、両親のアドバイスに従い、インジュンとの政略結婚に同意する。
インジュンを本当の財閥にするつもりだ。

 

開かなかったドア私が作ればいいのよ。私の子供達は人を選ぶ側に育ててやる。

そんなスヒョンの前に2つの人生の障害物が登場する。

ヘラとテオ。ヘラは欲望の障害物、テオは愛の障害物として。

 

 

ジン・テオ役
(男 36歳 香港センタンデパート海外チーム長)イ・ギウ

「今のようにあがけ。バタバタと。俺がお前を苦しめてやる。死ぬまで。」

画像:SBS 운명과 분노 公式サイトより

孤児。香港に捨てられ、苦労して育った。そこで国際学校に留学してきた女に出会う。

どちらともなく恋に落ち、同居し、娘が1人生まれた。女の両親がこの事実を知り、2人とも早産の娘が亡くなったという話を信じたまま別れさせられる。

 

ひどい暴力ととてつもないお金、両方を対価として受け取ったテオは、死んだとばかり思っていた娘を奇跡的に取り戻す。

彼女はこの事実を知らないまま。2人は別れた。

やさしく、貧しく、純真な未婚の父テオは7年後、「センタンデパート ソウル」の総責任者として、韓国に戻る。 彼女に対する愛情と怒りを抱いたまま、復讐の大きな構想を描きながら。