僕が見つけたシンデレラDVDレンタル開始日や発売日が決定

出会うたびに初対面の男女が “本当の私”を愛してくれる人に出会うまでを描く新感覚ラブコメディ

韓流ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~(原題:ビューティー・インサイド)」dvdレンタル・発売日・動画配信・あらすじ・キャスト・相関図・OST・作品情報などを調べることができます。

サイト内情報確認日2019年10月
配信作品は毎月変動があります。最新情報は各公式サイトで確認

動画配信で視聴

フル動画を無料視聴できるか調べています。
見放題にチェックが入っていると無料期間内は視聴できます。

※U-NEXT独占配信

 動画見放題無料期間
TSUTAYA  30日
U-NEXT11月2日 31日
Hulu 14日
dTV 31日
FOD 1ヶ月
mieru-TV初月
DMM

 

DVDレンタル

dvdレンタルが実施されているか調べています。

 宅配・レンタル
TSUTAYA  11月2日
GEO 11月2日
DMM 11月2日

 

DVDレンタルリリース日程

2019/11/2(土)Vol.1-6
2019/12/3(火)Vol.7-11
2020/1/7(火)Vol.12-16

 

DVD発売日

●DVD-SET1:2019年11月2日(土)発売

●DVD- SET2:2019年12月3日(火)発売

 

↓DVDの最新価格は下記から調べられます↓

 

「ビューティー・インサイド 」ドラマ情報

毎月顔が変わるトップ女優×人の顔が分からない相貌失認の御曹司、出会うたびに初対面の男女が “本当の私”を愛してくれる人に出会うまでを描く新感覚ラブコメディ。

あらすじ

韓国で知らない人はいないトップ女優、ハン・セゲ(ソ・ヒョンジン)。演技力はあるものの、撮影をすっぽかしたり突然いなくなるためトラブルメーカー扱いされていた。

だがセゲには誰にも言えない秘密があった。それは1ヶ月に1度、一週間だけ顔が別人になるということ。

 

別人になる間は外出もできず、ワイドショーにいいように言われ泣き濡れる日々を過ごしていた。ある受賞式の夜、突然その症状に襲われた彼女は受賞式会場から逃げ出す。

彼女を広告モデルに起用していたティーロード航空は対応に追われる。本部長のドジェ(イ・ミンギ)は姿をくらましたセゲの悪口を言いつつ彼女を探し出すよう部下に命じる。

だが相貌失認のドジェはセゲの顔が認識できないでいた。そして部下との通話を目の前で聞いていた女性こそがセゲだった!ドジェに対し最悪の第一印象を抱くセゲ。

 

その後ある契約のためドジェはセゲを伴って出張に赴く。

無事契約は終了するが、その帰りの飛行機でセゲに症状が現れ、ドジェの目の前で顔が変わってしまう。だがドジェは動じずセゲの窮地を助け出す。驚かないドジェに対しセゲは興味を抱き始める。

一方セゲの態度を不審に思ったドジェはその後彼女の秘密を知るが、何故か他の人は見分けられないのにセゲのことはどんな姿でも分かることに気がつき…。

 

みどころ

★同名の人気映画(ハン・ヒョジュ主演『ビューティー・インサイド』)をドラマ化!カメオ出演の豪華俳優陣にも注目のロマンスドラマ

★高視聴率を連発しているラブコメの女王ソ・ヒョンジンが大旋風を巻き起こした『また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~』の監督と再タッグ!映画版も大ヒットした“顔が変わる”という斬新な設定が話題の最新作。豪華出演陣が顔が変わった後のヒロイン役で登場!

★イ・ミンギが一見クールなツンツン男ながらヒロインの心に染み込んでくる本部長役でブレイク!

 

作品詳細

  • 原題:뷰티 인사이드
  • 韓国放送期間:2018年10月1日〜11月20日
  • 放送局:JTBC
  • 最高視聴率:7.3%
  • 話数:全16話
  • ジャンル:ラブコメディ
  • 検索:ビューティーインサイド

 

予告・動画

 

MV/OST/サウンドトラック

[MV] Rothy(로시) – Cloud(구름) (The Beauty Inside (뷰티인사이드) OST Part 1)

 

[MV] Vincent(빈센트) – The Beauty Inside (With 2morro) (The Beauty Inside (뷰티 인사이드) OST Part 2)

 

[MV] Davichi (다비치) – Falling In Love (꿈처럼 내린) The Beauty Inside OST Part.3 (뷰티 인사이드 OST Part.3)

 

→楽天でOSTの最新情報を調べる

 

相関図【韓国語版】

画像:JTBC뷰티 인사이드公式サイト

 

キャスト/出演者

ハン・セゲ役/ソ・ヒョンジン

女優

画像:JTBC뷰티 인사이드公式サイト

女性は1月に1度だけ魔法にかかる。そして私は、1月に1度だけ“本当の魔法”にかかる。

セゲを表す言葉はたくさんある。その中でも最も代表的な言葉は、神秘主義、スキャンダルメーカー、シンデレラ。彼女の魅力はこの3つにでてくるが、世間ではこれをハン・セゲバミューダー3点セットとも呼ぶ。神秘主義というには、神秘とは程遠いスキャンダルを生むスキャンダルメーカー、スキャンダルメーカーと言うには睡眠は必ず自宅でとるシンデレラ。反転の反転を重ねる魅力が一度ハマると抜け出せなくなる。

 

トップ俳優の大門前を通り過ぎ人間CCTV達の噂ではセゲの家を出入りする男は幾十人に達した。男たちの顔は平均的だったり特定の好みが違ったりそれぞれだとのこと。さらに認定までもそれぞれ。このくらいだがただ男そのものを好んでいるようだ。世間ではそうささやかれた。

 

その汚名を振り払うかのように絶対に家の外では目撃されていない。出ない代わりに仕事をしてくれる人たちが休む間も無く出入りした。巷では、その人たちがセゲの侍女ではないかとされていた。ヨガの先生、家事をしてくれるおばさん、皮膚管理者、さらには占い師まで。お姫様が他にいないのだった。自分の手で出来ることは1つも無い。降り注ぐコメントにもセゲは無反応だった。

 

その中でも最もホットな噂は、セゲには子どもがいるという噂だった。神秘主義、スキャンダルメーカー、シンデレラ。3つともトップ女優にふさわしいあだ名だが、子どもの母親はダメだ。「だから、私が言ったでしょ?その時、その時きちんと私に電話してと言ったでしょ。」とマネージャー兼長年の友人であるユ・ウミはかんかんになって怒った。どんな噂にも動じないセゲだったが、この時だけは少し心がぐらついた。“怒る”というより切ない気持ちだ。

 

その人たちは、全て私だったの。

セゲには寝て起きると顔が変わる病があった。世界のどこにもない病。魔法か、或は呪いとしか説明ができない病。ぴったり二十歳になった時に初めて発症し、丸10年患ってきた。1ヶ月に1度だけ特定の周期になるとセゲは他の人間の顔に変わった。今まで伝えられてきた登場人物は皆、魔法にかかったセゲであった。或いは呪いにかかったセゲ。

セゲはその期間を“影の期間”と呼んだ。影で過ごす期間は俳優の疲れるような生活には避難所となった。影の期間中、多くの人が集まるところに行き、いろんな居酒屋でお酒を飲んで、ダイエット中に食べられなかった夜食を存分に食べた。どうせ元の自分に戻るのだから存分に楽しむことができた。 

 

セゲの全ての契約条件には特定の周期に関する条項が入っていた。 1ヶ月の内1週間は 決してどんな撮影も、どんなスケジュールも行わないこと。もしかしたら言葉だけかもしれない。簡単に考えて印鑑を押すと大変なことになる。ドラマや生放送の放送状況で1週間を超えてドラマを適切に出演できなかった事だけでも3度あった。言葉が3回で業界に埋め合わないのが変だった。そのためセゲは傲慢で自分勝手な女優だと放送関係者からレッテルを貼られた。それにもかかわらず、セゲは未だにトップの地位にいる理由は、セゲの広い演技力のおかげであった。

 

百面美人

100の顔で100種類の演技をすることによって生まれたセゲのあだ名は“百面美人”だ。男、女、中年、高齢者さらには子どもまで、セゲの演技の幅はよどみなかった。そのあだ名と初めて接したとき、セゲは鼻で笑った。百種類ではなく、千種類、万種類の生活の中で喜、怒、楽はあったが、哀は抜けていた。それもそのはず、顔が変わる自分を、さらに性別まで変わる自身を、数千の噂に覆われた自分を、本当の自分を愛してくれる男がいれば珍しい程であった。魔法にかかった姿まで綺麗だと言ってくれる人はいるの?いや、それは自分の知っている人の中にいる?

 

そんなセゲ前に自分を覚えることができないドジェが現れる。

私知らないだと?韓国だけでなくアジアまで征し、有名すぎて疲れる程の私を知らないだと?ところで、一撃で私を知らないと言ったこの男、変わっている私を知っているみたいだ。変わった姿をしたまま、ただし1度も聞いたことがない話をしてくる。私たち

どこかで会ったことがあるでしょ?

 

 

ソ・トジェ役/イ・ミンギ

ソノグループ ティーロード航空 本部長

画像:JTBC뷰티 인사이드公式サイト

彼は神だという証拠だ。そうでないと、これはあり得ない話だ。

この世の中に平等という言葉だけはおかしな話ではない。トジェを見るとそんな考えになる。生まれた時のお祝いとして通帳に「0」が11桁のお金を贈られ、父親譲りの容姿と身長を、母親譲りの繊細な髪を自慢した。その自慢はトジェ自身がしているのではない。トジェの家、家が経営するグループ会社が、そのグループ会社がある大韓民国がしたのだ。この財閥3世を全世界が注目し、トジェは一度も過ちを犯さず答えたのだった。まさに、素晴らしく、時代の象徴となる男性であった。

 

それにしても持っているものは多いが、歳の近い新しい父親と新しい妹まで持つようになった。2人とも血の一滴も混合していない縁であった。それでも大丈夫だった。いつも仕事中に集中し、家で待つ母親が健康草花のようにお淑やかに過ごす姿を見ることがすきだった。

新しい妹のサラが、虎視眈々と自分の地位を狙っている事実を知った時も平気だった。

 

どうせその“空”は自分の“空”であるから。空は間違えなくトジェのことであり、トジェの運命であった。サラでなくてもソノグループの核であるティーロード航空を狙う者は親戚だけでも数十人はいた。そうなると、ティーロード航空の本部長として働いているトジェは責任重大であった。トジェの顔はティーロード航空の顔、ティーロード航空の顔はソノグループの顔であった。実は、会社の前の看板に描かれている乗務員の制服を着ている顔はセゲのものであった。

 

神は自身が愛するものに傷を残す。

残念ながら神は公平である。時折足が遅いだけ。神の公平は25歳、アメリカ留学時代に訪れた。韓国に一時帰国した日、車にぶつかりそうなおばあちゃんを救おうと事故に遭った。その事故を機にトジェは人の顔を区別することができなくなった。通称、顔認識障害であった。

 

あらは一つもなく過ごした生活の中で生じた亀裂を隠す為、トジェは絶え間ない努力をした。目の前に立った女性は自分の母親なのか、通りすがりの知らないおばさんなのか、頻繁に着る服装、手癖、歩き方などを1つ1つ全て覚えた。そして、どこへ行くにも必ず秘書を同行させた。それでも訪れる危機的状況は生まれ持った臨機応変できる力によって免れた。滑走よりも広く滑らかな硬い通りのような生活を失わないために。

 

トジェの部署にいる全ての従業員は名札を身につけた。社内でこの部署だけ。この変な本部長様が嫌なことでもなぜか女性会社員のファンタジーは日増しに大きくなっていった。そういえば。スジョンさん、髪型変わった?教えていないことを極めて真実に近いコメントを無造作に吐き出すトジェを恋する女性いないわけがない。

 

一瞬崩れたドミノをため立て直すこと。

セゲのスキャンダルが出る日は、会社の株が底を打つ日だった。だからトジェの気持ちも底を打った。契約を破棄した日、歓喜を呼んだ。遠くからかかってきた電話が1本なかったら、完全にそうだったのだ。直行便がなかった路線を大韓民国の航空会社で初めて就航する直前の瞬間だった。コードシェアをすることにした外国航空代表に直接かかってきた電話だった。

 

ハン・セゲをモデルにしなければこの全ての契約もなかったことになる。厳しいことで有名な契約先の代表がこの契約を渋っていた理由は、ティーロード航空のモデルがハン・セゲだったからだ。路線就航は単にその話だけでは終わらなかった。そこある巨大豪華リゾート、それに伴う観光業まで。路線就航が崩れると次々とドミノのように全てが崩れるようになる。そんなこと、あってはならない。このドミノを守るために、このドミノの最初にあるブロック“ハン・セゲ”を外すしかなかった。

 

そうして外したハン・セゲと言う名のドミノブロックを除き立て直すトジェの前に、見知らぬ女性が現れる。膝丈のワンピース、ヒールを履いてカツカツと歩いてくる、指先の温度、肌触り…。初めて見るものだが、なぜか慣れていた。どこかで会ったことがあるはず。1週間前、いや昨日も会った気がする。その時は背が大きかったような、小さかったような気が…。だから尋ねた。あなたは一体誰か。すると、彼女も尋ねてきた。あなたは一体何なのか。その瞬間、トジェの心の中の強固なドミノが軽快に崩れ始めた。

 

 

カン・サラ役/イ・ダヒ

ソノグループ ウィンエアー 代表

画像:JTBC뷰티 인사이드公式サイト

世界はスマートな女性を強い女性に育てる。

一度ダメだったことは決して忘れない。賢い子どもは初めて100点を取った瞬間を覚えている。私に向かって吐き出されていた賞賛と拍手、そして羨望の眼差し。その言葉では言い表せないスリル感。他の人ができないことをし、他の人が持っていないものを持てば、この賞賛と拍手が、この羨望の眼差しが絶えないのではないかと、サラはその瞬間本能的に理解した。サラは絶対にそれを忘れなかった。そしてそのようなサラの世界はいつのまにか しつこい年と呼んでいた。

 

指で空に円を描いてみて。その源を引いただけなのが私です。

この最低な人生どうにかなると買収されるが、その買収に自分の人生まで巻き込む必要はなかった。父親のジェホは生きている中で1度も跪いた姿を見ていないサラは、初めて跪いた。婿養子ぐらい新しい父の授かり婚に血の交わりの無い家族の間で家族の役割をすること10年。それでも10年間ずっと耐え続けた。

 

祖父の目に留まり、低コスト航空会社であるウィンエアーの代表になった。世間では若くして成功したと言われているがそれは本当のサラを知らない証拠だった。その空はサラが掴むには あまりにも小さく、狭い空だった。どうせ掴むのであればティーロード航空くらいの空は欲しかった。私が掴めない理由などないと思っていた。しかし、トジェが居た。公式的な後継者にはトジェ兄さんがいるのだ。一度は兄さんのことを倒したいと考えたがそう簡単には倒れなかった。待って、私には超えられないですって?

 

愛?そんなもの大金で買って。

側に置くこともよくないとされる人間ハン・セゲが航空会社のモデルであることを知っていた。愛は成功の障害であるだけ。トジェはその障害物を自ら自分の前に置き、倒れないよう準備をしていた。サラはその大きな泥沼が倒れることを待っていた。一度どん底を経験したハン・セゲ、彼女の秘密が必要だ。

 

ハン・セゲの後ろをウノがついている。警戒する目つきのこの男はどこかの洗濯機に入って漂白されたかのように純粋だった。空に浮かぶ雲のようだった。目の前に見えているのに、触れることのできない雲。ホコリひとつないウノの前で自分はホコリまみれの山になったようで、初めて“恥ずかしい”という感情になった。

 

私が得たどんな模範解答と解説でもこの男の名前はない。この男の名前は天国へ行く名簿にはあるのではないか。そうならば、彼と私は死後の道も違う。こんなに違うこの男を私は愛せるのか?でも、彼は私ではなく髪を愛しているのに。諦められず神に祈り、交渉することにする。

 

 

リュ・ウノ役/アン・ジェヒョン

神父希望者

画像:JTBC뷰티 인사이드公式サイト

きれいに、澄んで、自信を持って。

高校時代、ウノが通れば隣の学校の生徒が叫ぶほど人気だった。おい!人間ポカリスウェットが通るぞ!そうだ。定期的に失われた水分を潤す存在の男。都会に住んでいても、都会の濁りなどない森のように静かな男。後ろを照らすバックライトが、心の中の小さな盲点も見せない男。だからあえて非難することはできない男。それが“ウノ”である。きれいで、澄んで、自信のあるウノの外面だけではない。心もそうだった。人類の公共財として完璧な資格を持ったウノが女性ではなく、空にいらっしゃる神に出会い、両親の言葉ではなくマリア様の言葉を、神父になる道を選ぶほど純粋であった。

 

その花嫁(bride)ではなくあの神父(priest)。

1人しかいない息子が 하라는 結婚はせず、自分の人生を神へ捧げるほどであった。母親の涙と入院のコラボレーションはウノの神学校入学を妨害した。今度は必ず入学する。母親のせいで夢を諦めたくないから。

セゲとは幼稚園から今までうんざりするほど一緒である。世間ではトップ俳優と友好関係であることを羨ましがるが、そこまで内部の情報を引き出すことはできない。

私の友達セゲが実はどんな時にどんな人に変わってしまうのか、誰にも話せなかった。男にも女にも変わってしまうセゲのことを、常に人として見てきたウノ。どちらにせよ、どんなことが起きても神に身を委ねた男であるからセゲの秘密を知って守に値するようなことがなかったのだ。

 

あなたは敵を愛しなさい。 静かな湖の上を泳ぐ船のようにゆっくりと流れていたウノの生活の中で、爆風が吹いたのは1人の女性が現れてからだ。突然現れたサラは親友であるセゲを苦境にし、しきりにセゲの秘密を探していた。なぜそこまでセゲに悪いことをするのか。悪いことは何がいいのか。

さらに、実際の悪い行いはサラの行動が透明な水のように簡単に読まれた。だからか?しきりに、サラの側からさらさらと水の音が聞こえる。ふと笑いがこみ上げ、一緒にいるととても楽しかった。“あなたの敵を愛するように”という言葉が本当の愛を示しているとは夢にも思わなかった。今、神の声よりもあなたの声が近くに聞こえるようだ。