補佐官DVDレンタル開始日/発売日はいつ?動画配信で視聴できる?

韓流ドラマ「補佐官 世界を動かす人々」dvdレンタル・発売日・動画配信・あらすじ・キャスト・相関図・OST・作品情報などを調べることができます。

サイト内情報確認日2019年10月

動画配信

2019年7月14日よりNetflixで配信スタート

 

DVDレンタル

2020年11月ごろの見込み(早ければ2020年4月頃)

 

DVD発売日

2020年11月ごろの見込み(早ければ2020年4月頃)

 

DVDレンタルや発売日はいつから?

これまでのデータからいつ頃になるか予測しています。

作品名韓国放送DVDレンタル動画配信韓国放送後
神との約束2018年11月~2月2019年11月2019年10月9ヶ月
復讐のカルテット2017年4月〜10月2019年8月2019年7月1年10ヶ月
おしえて!イルスン2017年11月〜1月2019年8月2019年7月1年7ヶ月
恋のトリセツ2018年5月〜7月2019年10月2019年9月1年3ヶ月ヶ月
30だけど17です2018年7月〜9月2019年7月2019年5月10ヶ月
SKYキャッスル2018年11月〜2月2020年1月11ヶ月

韓国放送終了後9ヶ月~1年4ヶ月後に、日本でDVDレンタル開始される傾向があります。

※動画配信はDVDレンタルよりも1ヶ月早く配信される事が多い。

 

「補佐官世界を動かす人々」ドラマ情報

 

プロット/企画目的

知られざるストーリー、補佐官

政界で脚光を浴びるのは議員だ。しかしその裏には数多くの補佐官たちの努力が隠されている。

議員の政策や方向性、些細な発言一つ一つまで全て補佐官たちによって作り出されている。

法案にたった一行だけ条項を加えるため、数千回の電話をかけ数百名の関係者たちと会議をしなければならない。

また、法案通過のためには、与党だけでなく野党の議員たちまで説得しなければならないし、反対する者たちの圧迫に耐えなければならない。

政治という戦いの中心に立つ者たちのストーリー

陰謀と暗闘が渦巻き、利権と請託が行き来し、裏切りと報復が横行する冷酷な政治世界。

相手を倒すための熾烈な戦い。法と善意の縁で戦いながら抱える苦悩と葛藤。隠された哀歓と汗にまみれた熾烈な人生。

権力を握るために誰かを犠牲にし、権力に近いという理由で互いの手を握り合い、昨日の味方が今日の敵になる戦いの中

 

作品詳細

  • 原題:보좌관 – 세상을 움직이는 사람들
  • 韓国放送期間:2019年6月14日 〜7月13日
  • 放送局:JTBC
  • 最高視聴率:5.6%
  • 話数:全10話
  • 検索:

 

予告・動画

MV/OST/サウンドトラック

[Chief of Staff 보좌관 OST] CHEN (첸) – Rainfall

 

[Chief of Staff 보좌관 OST] KIM JAE HWAN (김재환) – BLACK SKY

 

→楽天でOSTの最新情報を調べる

 

相関図

画像:JTBC보좌관公式サイト

登場人物/キャスト

チャン・テジュン(CASTイ・ジョンジェ)

野望に向かって疾走する補佐官

ソン・ヒソプ議員室首席補佐官

“不可能なものを手に入れたかったら不可能なことをするしかない。”

秀でた直感と冷静な判断力。勝利に向かう集中力と相手の弱点につけこむ執拗さ。湧き上がる野心を隠す冷たい理性を備えている。

更に高く登るため、唇をかみしめ震える足を押さえこむ。バックアップしてくれる環境も人脈もない。いっそ家族はいないほうがましだった。テジュンにとっては荷物になるだけ。信じられるものは自らの頭脳しかなかった。

警察大学に首席で入学し首席で卒業した。同期たちがパトロールしている時、捜査隊で活躍した。エリート幹部を夢見ていたテジュンは、優秀な警察幹部たちがたったメッキ6gのバッジに怖気づくのを目の当たりにしショックを受ける。

彼らの上に立てなければ世の中を変えることはできない。そう考えたテジュンは警察を辞め舞台を国会に移した。

テジュンの能力を知った議員ソン・ミンは、テジュンを補佐官に抜擢する。野心あふれるテジュンの能力は誰よりも抜きん出ていた。数多くの議員からスカウトされた。国監を意のままにするかのような鋭い質疑に、人々は“毒蛇”と呼び彼を恐れた。

その後ソン・ヒソプ議員の補佐官となったテジュンはヒソプを代表の座に登らせ、信任を得ることに成功する。ヒソプが次期法務部長官に任命されれば、テジュンは公認確答を得ることができるだろう。

“国会議員チャン・テジュン”

あと少し・・・。

不可能だと嘲笑われた夢が現実のものとなるまで。

カン・ソニョン(CASTシン・ミナ)

常に上を目指す向上心あふれる女性政治家

比例代表初当選議員であり党のスポークスマン

“自分の選択に後悔はない。後悔とは敗北者たちがすることだから”

最高の場所にたどり着くまでベストを尽くした。自身の達成欲を恥じなかった。数多くの支持者たちが応援してくれた。

洗練されたルックスと完璧な能力を備えた女性弁護士。メディアがソニョンを注目するのは当然のことだった。自ら時事番組を進行した。他人の考えに左右されることなく、その姿は常に堂々としていた。

番組は大成功だった。政界の有力者たちはこぞって出演を望んだ。その堂々としていて自信に満ち溢れる姿に数多くの女性たちが憧れた。望み通り与党の比例代表公認を得たソニョン。初当選議員として国会に足を踏み入れるやいなや党のスポークスマンとなる。

議員活動4年目。マスコミの注目の中、来年行われる選挙での再選を夢見ていた。比例代表の再選がそう簡単なことではないことは分かっている。だからこそ命がけで政治活動を行った。しかし、党内の元老でありランニングメイトだったチョ・ガプヨン議員が彼女を蹴落とそうと企んでいることを知る。

ここで諦めるわけにはいかない。

ユン・ヘウォン(CASTイエリヤ)

性格は冷たいが情熱は誰よりも熱い

ソン・ヒソプ議員室6級秘書

“生き残ろうと思えば何だってやってやれる”

簡単な道ではなく正しい道を考える。自らを擁護できない人のために戦う。痛みを克服するため飛び込んだ道だったが、今は信念を持って仕事に取り組んでいる。

政界に入る前は記者だった。傷つき悩むヘウォンを見守っていたテジュンは補佐の仕事を勧める。過去と向き合い心の傷を克服しなければならないというテジュンの言葉にヘウォンは迷うことなく政界の道に飛び込んだ。

努力に努力を重ね無我夢中で働いた。徹夜で働きながらも、出勤時の電車の中では政策関連資料を分析するなど常に仕事のことだけを考えていた。人生の全てをかけて仕事に没頭する彼女にとって、休日はむしろ不自然なもののように感じられた。

80%が男性という補佐官界。根気一つで6級秘書まで上り詰めた。その堂々とした姿は時には生意気にも見えたが、それはこの厳しい世界で生き残るための保護膜だったしまた自らの弱い心を隠すためのものだった。

彼女の周りには常にいつ切れるか分からない張りつめた弓弦のような緊張感が漂っていた。