十八の瞬間DVDレンタル開始日/発売日はいつ?動画配信で視聴できる?

韓流ドラマ「18の瞬間」dvdレンタル・発売日・動画配信・あらすじ・キャスト・相関図・OST・作品情報などを調べることができます。

サイト内情報確認日2020年10月

 

 

動画配信で視聴

動画配信ならすぐに視聴できます

10月2日:第1話~第10話
11月4日:第11話~第20話(最終話)

  動画 見放題 無料期間
TSUTAYA   30日
U-NEXT  31日
Hulu  14日
dTV  31日
FOD  1ヶ月
mieru-TV 初月
DMM 1話

 

DVDレンタル

dvdレンタルが実施されているか調べています。

  宅配・レンタル
TSUTAYA   10月2日
GEO  10月2日
DMM  10月2日

 

DVDレンタルリリース日程

  • Vol.1~Vol.5:2020年10月2日
  • Vol.6~Vol.10:2020年11月4日

 

DVD発売日

  • DVD-BOX1:2020年10月21日
  • DVD-BOX2:2020年11月18日

 

↓DVDの最新価格は下記から調べられます↓

 

 

「十八の瞬間」ドラマ情報

 

プロット/企画目的

生の話だ。校内暴力で一瞬にしてこじれてしまった学校生活。

そして去ってもなお、名札のようについて回るあらゆる社会の先入観と偏見。再び逃げてきた場所で出会うことになる良い縁と悪い縁。そして初恋…

どうなろうが構わない人生だという考え方だったけれど何度も湧きあがる生きようとする“生”への意志とそれを一緒に乗り越えようとするジュヌの仲間たち…。

このドラマは18歳の高校生たちの話だけれど、それらしい教訓を掲げて構成された啓蒙的な学園ものでも、金持ちの王子様と美しいシンデレラのファンタジーロマンスでもない。
危険で未熟なプレ青春期の学生たちが経験する感情に焦点を当てた感性を刺激するドラマだ。

 

彼らの人間関係の中で繰り広げられる様々な誤解や嫉妬、そして憎しみ。胸が締め付けられるような愛。目標のない人生の中で葛藤もして。
これと言って夢もない人生を適当に生きたりもしていて。そんな彼らの世界をありのままに覗いてみることにする。

そうやって見守っていると私たちがみな通り過ぎてきた。思い出してみると、何だか気まずく、恥ずかしかった瞬間も思い浮かぶだろう。

彼らは大人が作り上げた型の中でがむしゃらに生きているけれど、選択する人生の方式は大人たちとは違う。

お互いに傷つけ合いながらも、絶えず人生の答えを探している。正解と間違いの間で。それは勇気であり若さだ。

唯一18の瞬間にだけ発揮するこができるものだ!

 

作品詳細

  • 原題:열여덟의 순간
  • 韓国放送期間:2019年7月22日〜9月10日
  • 放送局:JTBC
  • 最高視聴率:5.0%
  • 話数:全16話
  • 検索:18の瞬間

 

予告・動画

 

 

 
 

MV/OST/サウンドトラック

eighteen moment ost part 1 열여덟의 순간 ost part 1 Christopher(크리스토퍼) – Moments

 

 

[MV] 옹성우(Ong Seong-wu) – ‘우리가 만난 이야기(Our Story)’ 〈열여덟의 순간 At Eighteen〉 OST ♪

 

 

Aeighteen moment ost part 3 열여덟의 순간 ost part 3 빌리어코스티(Bily acoustie) – 네가 있으면 좋겠어

 

 

相関図

 

画像:JTBC열여덟의 순간 公式サイトより


登場人物/キャスト

チェ・ジュヌ役 (CASTオン・ソンウ)

 

画像:JTBC열여덟의 순간 公式サイトより

2年3組、誰よりも大胆な学生

“既にダメになった人生なんてない。まだ18なのに。僕も。君も。”

のんびりとのん気に見える。みんなが息を切らして走る中、一人だけゆっくり歩いていく学生。

五歳の時に両親が離婚、父は去り母親と二人で暮らしていた。

小さな食堂を営んでいたが詐欺にあい借金まで負った母親は、地方の食堂に身を寄せ仕事をすると言ったけれど、どんな目的のために仕事をするのかはジュヌも良く知らなかった。とても傷ついていたけれど、知らないふりをした。そうやってお互いが知らないふりをすることがこの母子が生きていく唯一の方法だった。

だからなのか、孤独なことが習慣になってだいぶ経つ。自分でもまるで自覚していない捨てられた気分に対する恐怖から誰にも情を移さない。

これ以上どうすることもできないのが大人たちという考えからだ。けれど一人で暮らす屋根部屋にご飯を炊く匂いがすれば、間違いなく母親が来たのだと胸が躍る。

他の人たちが気付かず見過ごしてしまうことを、大事にすることができる。そういうものをいつもジュヌの視線で焼き付け、スケッチする。

学校生活で何度も起こる誤解がジュヌの心を学校から遠ざけ、学校はどうせ去る所だから自分が去らない場所にだけ情を感じていたようだ。

スビンにもわざと心を許さないようにしていたのだけれど、スビンを好きになり生まれて初めて幸せを感じた。これまで唯一情を移したものや、自然がくれる安心感とは違う不安定なドキドキ感だ。

ジュヌの一番大きい長所と言えば誰にも何かを強要しないこと。それによってよく、他人に無関心で共感能力が不足している人間だと誤解を受ける。突拍子もなく可愛らしい一面もあるけれど、いつも一人なので感情表現が上手くない。けれど大人が育て上げなくても、一人でちゃんと育つ子だ。とても幸せな時はただ、にっと笑う。

 

ユ・スビン役 (CASTキム・ヒャンギ)

画像:JTBC열여덟의 순간 公式サイトより

2年3組、誰よりも輝く学生

“私も私の人生を生きるわ。18だけど。”

 

母親の欲と押しの強さで作り上げられてきた優等生。働く母親でありながらも執拗で緻密な母親のあらゆる遠隔管理を受けてきた。そんな母親の元でも、一人で勉強できるとしっかりと母親に主張してきた子ども。

最近の世間に多いそれを理解できないありふれた両親のように、どうやってでも自分に家庭教師をつけようとする母親をどうにかして説得する子ども。

自分なりにはこの程度でいいのだと。私はソウルの四大に行ければいいと言っているのに。

母親はソウルの四大ではなくソウル大に行けと言う。どんなに現実的に考えても自分にはソウル大は無理だ。

反抗しても時には可哀そうに見える母親の意見に、それでも全て従ってしまうどうしようもない高校生。そんな胸のわだかまりを抱えて生きてきて、ジュヌという子と出会った。不思議なことに関心を持った。ジュヌをただ、大して目立たない生徒だと思っていたのに、他の人は良く知らないジュヌの魅力を見つけてから次第に彼が好きになる。

成績でランク付けして、あたふたして欲を出すことがジュヌの前ではつまらないことに思えた。ジュヌと一緒にいると心が湖のように穏やかで、青い空を初め、花の美しさも感じられて鼻歌も出てくる。ときめいている。ジュヌの横にいると。

 

マ・フィヨン役 (CASTシン・スンホ)

画像:JTBC열여덟의 순간 公式サイトより

2年3組、誰よりも完璧だけれど未熟な学生

“奪われるのは嫌だから。奪われるわけにはいかないから。”

ハンサムでマナーも良いみんなの信頼を受ける子ども。この学校の絶対権力者と言える。

その理由はフィヨンの後ろ盾にある。完璧で素敵な見本となる絶対権力者の家族。しかし完璧に見える外面の裏側はコンプレックスでぐるぐる巻きになった暗い姿だった。完璧であることに脅迫観念を受ける子ども。

完璧主義者の父親の暴力を受けながら育った。世間の誰もが羨む優雅な主婦に見える母親は、実は感情の起伏が激しい躁鬱症状があった。自分の気分で息子のフィヨンを振り回していた。

激しい重圧感に悩まされアトピーはさらにひどくなり、腕から血が出るほど掻きむしりながらも勉強した。生まれながらに天才である兄と比較され。猛烈な努力家でしかないフィヨンはいつも比較だけされ、父親の愛情は兄が独占している。これもやはりストレスの要因の一つだ。

だから自分の方を向いていた人間が、違う方を向くことが耐えられない。本人への愛情は絶対に奪われないようにする子ども。堂々としているふり、強いふりをしても意外と怖がり。中学校の頃からスビンを好きだったけれど、実はその気持ちを絶対にスビンに明かせないフィヨンだ。

告白はしていなくても自分たちの関係は、他の人にはわからない特別な何かがあると考えていた。スビンだけが自分の気持ちを分かってくれる友達だったから…。

孤独だけれどバレないようにしようとする。でもその姿をチェ・ジュヌに見破られた。あいつさえいなければ完璧だったのに。あいつを学校から追い出さないと。