緑豆花DVDレンタル開始日/発売日はいつ?動画配信で視聴できる?

韓流ドラマ「 緑豆花 」dvdレンタル・発売日・動画配信・あらすじ・キャスト・相関図・OST・作品情報などを調べることができます。

サイト内情報確認日2019年9月

動画配信

2021年1月頃になる見込み(早ければ2019年12月頃)

 

DVDレンタル

2021年2月頃になる見込み(早ければ2020年1月頃)

 

DVD発売日

2021年2月頃になる見込み(早ければ2020年1月頃)

 

DVDレンタルや発売日はいつから?

これまでのデータからいつ頃になるか予測しています。

作品名韓国放送DVDレンタル動画配信韓国放送後
神との約束2018年11月~2月2019年11月2019年10月9ヶ月
復讐のカルテット2017年4月〜10月2019年8月2019年7月1年10ヶ月
おしえて!イルスン2017年11月〜1月2019年8月2019年7月1年7ヶ月
恋のトリセツ2018年5月〜7月2019年10月2019年9月1年3ヶ月
30だけど17です2018年7月~9月2019年7月2019年5月10ヶ月
秘密の女たち2018年5月1〜7月2019年12月2019年11月1年5ヶ月

韓国放送終了後9ヶ月~1年7ヶ月後に、日本でDVDレンタル開始される傾向があります。

※動画配信開始はレンタル開始日よりも早く配信されることが多い

 

「綠豆花」ドラマ情報

 

みどころ

腹違いの兄弟の兄ペク・イガンを演じるのは、「ああ、私の幽霊さま」「トゥー・カップス」などに出演したチョ・ジョンソク。

庶子(妾腹の子)として生まれ、名前の代わりに「あいつ」と呼ばれたペク・イガンは、過去の罰を受けて新しい世の中を開くために蜂起した東学農民軍別動隊長。’毒蛇のような人物’と言われており、視聴者がこれまで俳優チョ・ジョンソクといえば思い浮かべる、愉快で華やかなイメージとは180度異なるイメージの人物である。

チョ・ジョンソクはそんな重厚感のあるキャラクターを演じるにあたり、「ペク・イガンは乱暴な言葉でなまりを使って強いイメージを見せる人物だ。

皆さんにその時代を生きた’ペク・イガン’の姿をお見せするために行動と性格も非常に悩み、多くの史劇を見て研究してた」とかなりの努力をしたようだ。実際チョ・ジョンソクはドラマの中で鋭い眼差しと表情を見せ、何度踏みつけられても再び起き上がるペク・イガンの根性を完璧に表現した。

またチョ・ジョンソクは本作品の出演を決めた理由として、民衆にフォーカスをあてたストーリーに魅力を感じたと語っている。「既存ドラマで大きく扱わなかった東学農民革命という時代的事実を背景に展開するストーリーの中で兄弟、家族、人々の生きていく話を本格的に描いているという点が魅力的に感じた」と熱く語った。

 

プロット/企画目的

『白衣の農民たちが竹槍を持ち立ち上がる!座れば竹山、立てば白山よ』

あの伝説の未完革命、東学農民革命!

1894年、朝鮮の大地を血で染めた東学農民革命(抗争)は、ただの農民暴動ではなく、封建から近代への時代の夜明けを迎える、大きな転換となった事件であった。

人とは乃ち天である(人乃天)という信条のもと、自由と平等、民族自主が実現できる国を作ろうと民衆たちが立ち上がったこの革命は、同時に未完に終わった革命でもあった。

全 琫準(チョン・ボンジュン)の指揮のもとソウルへと侵攻した革命軍は、ウグムチの戦いにおいて、日朝連合軍の強大な戦力の前に成す術がなく、挫折することになる。

だが彼らの精神は脈々と受け継がれ、3.1運動へと、抗日独立闘争へと、4.19運動へと、6月抗争へと発展していくのであった。

新たな世界の実現を信じた、先祖たちのけたたましい咆哮!

このドラマは、“東学”といえば思い浮かぶ“緑豆将軍”、チョン・ボンジュンの一代記ではない。

抗争の渦に巻き込まれ、当初の軌道から外れてしまった悲しい農民たちの物語である。

革命軍と討伐隊として二つに対立し、互いに銃口を向けあうことになった兄弟たちの、愛憎と凌辱を描いたドラマである。

また、歴史に名を残すことなく倒れていった名もなき戦士たち、革命と反革命の交差する中でも信念を忘れなかった、甲午年の偉大なる農民たちへ捧ぐ、レクイエムである。

 

作品詳細

  • 原題:녹두꽃
  • 韓国放送期間:2019年4月26日〜7月13日
  • 放送局:SBS
  • 最高視聴率:11.5%
  • 話数:全48話
  • 検索:インゲンの花

 

予告・動画

[녹두꽃] 티저 Ver.1 사람, 하늘이 되다 '녹두꽃 ' / 'Nokdu Flower' Teaser

[녹두꽃] 티저 Ver.2 '소년, 야수로 다시 태어나다' / 'Nokdu Flower' Teaser

MV/OST/サウンドトラック

[MV] 포레스텔라(FORESTELLA) – 새야 새야 파랑새야 [녹두꽃 OST Part.1(Nokdu Flower OST Part.1)]

[MV] 포레스텔라(FORESTELLA) – 새야 새야 파랑새야 [녹두꽃 OST Part.1(Nokdu Flower OST Part.1)]

 

[MV] XIA(ジュンス) – 舞い散る [緑豆の花 OST Part.2]

[MV] XIA(준수) – 흩날린다 [녹두꽃 OST Part.2(Nokdu Flower OST Part.2)]

 

[MV] 반광옥 – 볼 수 있다면 [녹두꽃 OST Part3.(Nokdu Flower OST Part.3)]

[MV] 반광옥 – 볼 수 있다면 [녹두꽃 OST Part3.(Nokdu Flower OST Part.3)]

 

→楽天でOSTの最新情報を調べる

 

相関図

登場人物/キャスト

ペク・イガン役(CASTチョ・ジョンソク)

自身の過去と向き合い、新たな世界のために蜂起した東学軍の別動隊長。

その目つきと歪んだ笑顔は晩秋の毒蛇のようでもあり敵の銃口を額にあてがわれても一切ひるまないその姿勢は、さながら肉食獣のよう。

全羅道・古阜(コブ)の悪名高い吏房(現代でいう、内閣書記官のような高い職位)であり大富豪のペク家の長男として生まれる。

ペク家の本妻が平民に犯され生まれた庶子として、イガンという名の代わりにコシギ(全羅道の方言で、あれとか、あの、あいつとかいう意味)と呼ばれた。

イガンがペク家の一員でいるためには、『役割』を果たす必要があった。

やつれきった農民たちを棒で叩くこと。人のものを奪うこと、罪のない人を捕らえることが、彼が父から与えられた『役割』であった。

弟のイヒョンには苦労をさせないように、ペク家への農民たちの恨みは自分一点だけに集中するように。父が作り上げた脚本通りに生きていくことだけ、胸に決めて生きてきたのだった。

だが農民の怒りがふつふつと燻り燃え始めてきた甲牛年、イガンは分かれ道の前に立つ。

彼らが天然痘よりもさらに憎悪する、ペク家の『あの野郎』としてこれからも生きていくのか。

もしくはチョンとともに、新たな世界を目指して生きていくのか…。

そうして彼は左手に竹槍を、右手には傷ついた革手袋をはめ、革命の隊列に加わるのだった。

ペク・イヒョン役(CASTユン・シユン)

朝鮮の明治維新を目指した開化思想家

ペク家の末子であり、本妻の嫡子。

文明を信じ、朝鮮が日本のような国になることを夢見る、中流階級のエリート。眉目秀麗で高貴な雰囲気をまとい、言動は優雅そのもの。

けれど何事にも慎重で、本音を明かさず、他人を寄せ付けない空気をまとう彼はまばゆく咲くも、香りもしなければ蝶も止まらない花のよう。

自分を構成するすべては農民たちのコメ、血と涙で出来ているということを知ってからは、ペク家が悪行を働いた家の前にこっそり米俵などを置いてくることで、その恥辱と罪悪感を薄めようとするのだった。

彼はペク家がひいた人生のレールを、文句ひとつ言わず着実に歩いて行った。

家への忠誠や出世欲のためではない。父の繰り広げた悪行だらけのこの古阜の地を、一日でも早く去りたかったためだ。

日本留学時代、朝鮮の名家の子息たちや開化党の大物政治家たちと交流していくなかで、荒み切っていた彼の心の中に、開化への情熱と野心が生まれていった。

留学から戻った彼は農民暴動に巻き込まれていく。彼は本を新式小銃に持ち替え、東学農民軍に立ち向かっていくのだが…

ソン・ジャイン役(CASTハン・イェリ)

洗礼名はリディア、利益でなく、人を大事にした商人

開港場での日本商人との仲介貿易で急成長した全州の商人。

冷徹な判断力とカリスマ性で、全州の旅商人たちを率いた鉄の女。

全羅道の負褓商(商品を背負い売り歩く行商人)で都接長という地位にいた、ソンボンギルの一人娘。

物静かで優雅な姿は名家のご令嬢そのものだが、ひとたま興奮したらどぎつい全羅道訛りで悪口をまくしたてる。

商品リストで初めて字を覚え、売り買いで足し算を覚えた。

同じ商品でも時と場合によってその価値が変わるように、世界も変わりゆくものと信じている。やがてくる新たな世界では、商売人と言う脇役ではなく、主人公になりたいと願う彼女の野心は、全州を超え、朝鮮全体へと向かっていくが…

好奇心で聖堂に通い始めたものの、彼女にとってカトリックの教えはただ目新しいというだけで、信仰心はちっとも深まらなかった。

だがフランス人神父から聞くこの国の外での話は、新時代の女性として、次第に彼女の心に開化を熱望する気持ちとして芽生えていく。

そんなある日、チョ・ビョンガプとペク家の布いた防穀令(経済政策)により、全州の旅閣は大きな打撃を受けることになり、彼女はついに甲牛年の元日に古阜へと向かう。

チョンが起した暴動の渦に巻き込まれながら、ペク家の兄弟と知り合うことになるのだが…

タイトルとURLをコピーしました