ジャスティス 検法男女2 DVDレンタル開始日/発売日はいつ?動画配信で視聴できる?

韓流ドラマ「ジャスティス -検法男女-2 」dvdレンタル・発売日・動画配信・あらすじ・キャスト・相関図・OST・作品情報などを調べることができます。

サイト内情報確認日2019年10月

動画配信

2021年1月頃の見込み(早ければ2020年3月)

 

DVDレンタル

2021年1月頃の見込み(早ければ2020年3月)

 

DVD発売日

2021年1月頃の見込み(早ければ2020年3月)

 

DVDレンタルや発売日はいつから?

これまでのデータからいつ頃になるか予測しています。

作品名韓国放送DVDレンタル動画配信韓国放送後
マイ・ヒーリング・ラブ2018年10月~3月2019年9月2019年9月1年6ヶ月
ロマンスは命がけ2018年7月〜9月2019年7月2019年7月10ヶ月
私の恋したテリウス2018年9月〜11月2019年7月2019年7月8ヶ月
バッドパパ2018年10月〜11月2019年10月9ヶ月
激流2017年11月~4月2019年9月2019年9月1年5ヶ月
時間2018年7月~2018年9月2019年12月2019年11月1年3ヶ月

韓国放送終了後8ヶ月~1年6ヶ月後に、日本でDVDレンタル開始される傾向があります。

※動画配信開始はレンタル開始日と同日になることが多い
※Netflixで韓国放送直後

 

「ジャスティス -検法男女-2 」ドラマ情報

 

プロット/企画目的

犯罪が進化し、協力捜査も進化した。

頭の固い法学者、熱血新人検事、ベテラン検事のリアル協力捜査が帰ってきた!

その名も“ジャスティス-検法男女-2”

前作から1年が過ぎ、シーズン2が始まった時点でのウンソルは、検察達から陰で“1年生検事”と呼ばれている!

事件の真相を明らかにするため、前作の新人検事の時よりもさらに成長したウンソルと、大変な荷物を背負い込む性分のどこか憎めない変わり者の天才法医官ペクポムの特別協力捜査。

ジャスティス-検法男女-が再びシーズン2となって帰ってきた!

ペクポムが最初に出会った “言葉のない遺体。痕跡のない遺体。”これがまさにシーズン1のエンディングを飾ったオ・マンサン事件。

交通事故で焼かれた遺体の大腿骨からオ・マンサンのDNAが検出され、オ・マンサンは正式に死んだ者とみなされたが、ペクポム達は“本当にオ・マンサンは死んだのだろうか?”という疑問を持った。

1年が過ぎてもまだオ・マンサン事件の疑惑が解けないペクポム。

1人、オ・マンサン事件の真相を暴くため孤軍奮闘するなか、またもや新しい事件が起きる!

 

作品詳細

  • 原題:검법남녀 시즌2
  • 韓国放送期間:2019年6月3日〜7月29日
  • 放送局:MBC
  • 最高視聴率:10.4%
  • 話数:全32話
  • 検索:剣法男女2

 

予告・動画

MV/OST/サウンドトラック

Gob man and woman season 2 ost part 1 검법남녀 시즌2 ost part 1 김용진 – Back on me

 

Gob man and woman season 2 ost part 2 검법남녀 시즌2 ost part 2 노민우(MINUE) – Dr.K

 

Gob man and woman season 2 ost part 3 검법남녀 시즌2 ost part 3 아일(I’ll) – POISON

 

→楽天でOSTの最新情報を調べる

 

相関図

画像:MBC검법남녀 시즌2 公式サイトより

登場人物/キャスト

ペク・ポム役 CASTチョン・ジェヨン

国立科学捜査研究員 法医官

一度パクポムになったら永遠にパクポムだ。

(パクセダという、大変・ツラいという意味の単語と名前のペク・ポムをかけている)

死んだ者は話さない?

いや、彼に会った遺体は全身で話をする。

死んだ者はウソをつかない?

いや、遺体の傷を読み間違えばウソになる。

彼が信じるものはただ1つ。

すべての接触は傷跡が残る、ということ。

しかし、彼が最初に出会った“言葉のない遺体。痕跡のない遺体。”それがまさにシーズン1のエンディングを飾ったオ・マンサン事件だ。

一体誰なのか、なぜ死んだのか、どうやって死んだのか…その何の痕跡も残されていない遺体。

シーズン2が始まり、相変わらず多くの遺体と接触をもっているペク・ポムだが、その中でオ・マンサンのケースと似ている“痕跡”を発見する。

ウンソル役 CASTチョン・ユミ

ソウル東部地検 刑事8部 検事

シーズン1では、彼女はペク・ポム/カン・ヒョン/ト・ジハンとの協力捜査を通じて、犯罪者/被害者たちと対立し、争い、断罪しいままで生きてきた温室とは違う別の世界に出会い日々成長している。

今ではハイヒールよりもスニーカーの方が動きやすくなった、れっきとした検事で、昔の言うことだけ立派で意欲が空回りしているウンソルはもういない。

もちろん、事件の現場は彼女に毎回疑問を投げかけ、残酷な犯罪者に大変な苦労をさせられ被害者の痛みに共感し、被害者の傷を癒す…この点、彼女の成長はまだまだ現在進行形である。

ト・ジハン役 CASTオ・マンソク

ソウル東部地検 刑事8部 検事

一時はウンソルのように、若さゆえの幼い言動と、活気に満ちた元気さで好機を掴んできた。

しかし、数十万枚の書類と戦った特捜部の経験と、どこへ飛ぶか分からない麻薬犯を捜査してきた経験、破廉恥な経済犯罪、ずる賢い権力犯罪者との表情ゲーム。

ここまで来て、もう彼は真の強さが何か分かったようだ。

ト・ジハン特有のお気楽さは、多くを経験した者だけが持つことを許された特徴だ。

ウンソルに対してはメンターになり、ペク・ポムとは感情をぶつけ合い時には引きながらも対立しその葛藤こそがある瞬間に協力捜査に変わるのだ。

ペク・ポムとは、一種の“ブロマンズ(男同士の近しい関係)”のような関係だ。