【韓国ドラマ】平日午後3時の恋人たちDVDレンタル開始日/発売日や動画配信はいつ?

韓流ドラマ「平日午後3時の恋人たち」dvdレンタル・発売日・動画配信・あらすじ・キャスト・OST・作品情報などを調べることができます。

サイト内情報確認日2020年11月
配信作品は毎月変動があります。最新情報は各公式サイトで確認

 

動画配信で視聴

動画配信ならすぐに視聴できます

  動画 見放題 無料期間
TSUTAYA   30日
U-NEXT  31日
Hulu  14日
dTV  31日
FOD  1ヶ月
mieru-TV 初月
DMM

 

 

DVDレンタル

dvdレンタルが実施されているか調べています。

※TSUTAYA6ヶ月先行レンタル

  宅配・レンタル
TSUTAYA   11月3日
GEO  ー
DMM  ー

 

DVDレンタルリリース日程

  • Vol.1~8:2020年11月3日(火)
  • Vol.9~16:2020年12月2日(水)

 

DVD発売日

・DVD-BOX1:2020年11月20日(金)
・DVD-BOX2:2020年12月2日(水)

 

↓DVDの最新価格は下記から調べられます↓

 

「平日午後3時の恋人たち」ドラマ情報

 

あらすじ

ソン・ジウンは結婚5年目の主婦。公務員の夫と平凡な日々を送っている。
ある日ジウンは、向かいの家に引っ越してきたチェ・スアから不倫のアリバイ作りへの協力を頼まれる。
スアは最近この街に引っ越してきたばかりで、大手出版社代表を務めている夫、ふたりの娘と新築の一軒家で裕福な暮らしをしている。


だが、実は彼女は、平日の昼間に不倫を繰り返している、いわゆる“平日昼顔妻”だった。この日も不倫をしていたスアは、事件に巻き込まれそれを目撃していたジウンに証言を頼むのであった。

「幸せ」を守るためにスアの要求に従うジウン。
その過程でジウンは生物教師のジョンウに出会い、次第にジョンウのことが脳裏から離れなくなり、やがて越えてはいけない一線を越えてしまうことに・・・。

 

みどころ

■胸ときめく濃厚メロと、ハラハラさせる激情メロが同時に展開されるストーリー!

3年ぶりにドラマ復帰をするパク・ハソンと、「あなたが眠っている間に」で人気を集めたイ・サンヨプが禁断の恋に落ち、トキメキいっぱいの濃厚な恋模様を繰り広げる。
それとは正反対に、イェ・ジウォンとチョ・ドンヒョクは、沸き起こるように熱い感情がぶつかり合う激情メロを披露する。

果たして禁断の愛の行方はーー?




■韓国ならではの情緒・感情があふれる韓国型メロドラマ!

2014年フジテレビで放送され、社会現象にまでなった「昼顔~平日午後3時の恋人たち」。

韓国でも話題だった「昼顔」の韓国リメイクが遂に登場! “不倫”を題材にした、ときめき×悲しみ×共感が詰まった作品。原作のストーリーに韓国ならではの情緒・感情が加わった本作は、誰もが一緒にときめき、共感することが出来る大人のメロドラマに仕上がっている。




■韓国屈指のドラマ制作会社、PANエンターテインメントの2019年期待作!

「サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~」、「ドクターズ~恋する気持ち」、「太陽を抱く月」など数多くのドラマの制作手掛けているPANエンターテインメント。

「平日午後3時の恋人たち」では、日本原作ストーリーを基盤に、韓国ならではの洗練された映像美とスタイリッシュな演出で完成度が高いドラマになっている。視聴者の感性を刺激する話題作がついに登場!




■放送チャンネル内(ChannelA)ドラマ史上最高の視聴率を記録!

回を増すごとに口コミで韓国女性の間でも爆発的人気を博した本作。
胸に響くセリフやナレーションにも感情移入し、視聴者も一緒に“徐々に、深く、吸い込まれて”いった!

 

予告・動画

 

MV/OST/サウンドトラック

Jang Hyejin – Water Bubble (Lyrics Han/Rom/Eng/Ind) OST Love Affairs in the Afternoon Part 1

 

Sojung (Ladies’ Code) – Yesterday OST Love Affairs in the Afternoon Part 2 | Lyrics

 

 

Love Affair In The Afternoon OST- PART3 – MV (WoongSan) – ONE

 

登場人物/キャスト

 

パク・ハソン(ソン・ジウン役)「おひとりさま~一人酒男女」「誘惑」「スリーデイズ~愛と正義~」

イ・サンヨプ
(ユン・ジョンウ役)「トップスター・ユベク ~同居人はオレ様男子~」「死の賛美」「あなたが眠っている間に」

イェ・ジウォン
(チェ・スア役)「30だけど17です」「ロマンスは必然に」「内省的なボス」

チョ・ドンヒョク
(ト・ハユン役)「バッドガイズー悪い奴らー」